« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

CD録音5

いよいよ今回より集中的にリズムトラック録音です。ベードラのヘッドを穴あきタイプのものに変えてマイク位置の微調整をすませ録音開始。まずテンポチェンジなどなく普通に録音できそうな曲
WHISPER
RED SUN
TO MY LIFE
を前回同様に全員で音出しをしてドラムとベースのみ録音しました。しかしRED SUNは途中のキメ(3連の頭のみ弾く)部分が納得できず次回再トライする予定です。
残る曲は
SOMEONE TO LOVE
LOVING YOU ALONE
ですが、ドラムレス部分をあとからどうやってリズムキープしてギターなど重ねるのかという問題がありました。ハイハットでカウントを入れて録音し、後からその部分のドラム音を消す!(テラっち案)で解決。またテンポが変わるところはヤマちゃんがそこでリズムボックスを止めて再度戻るところでタイミング良くスタートさせる!ことでなんとか完成できました。
今日はかなり暑かったのですが音やノイズが入るのでエアコンをつけられません。汗だく状態のまさにROCKな(?)録音をすることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

歓迎会

昨夜は新入社員歓迎会でまた長良川近くの今度は文化屋(BUNKAYA)というところに行ってきました。昔は旅館だった古風な建物の良さをそのまま残してできでいて、ろうそくの光のようなライティングにしてあり和風情緒溢れるところでした。ここは月々のメニューが決まっているようで、4月メニューをいただいて来ました。うっかりデジカメを忘れてしまいましたので携帯写真です。われわれのフロアの新入社員は3月末で退社した秘書yさんの後任のSさんです。彼女はバレーボールをやっていて身長165cmなので高いヒールをはくと負けそうです。
メニューはこんな感じでした。
カツオのタタキ香港風サラダ仕立て
生ハムと焼筍の子のクレープ
いか団子のカシューナッツ詰め スリランカ揚げ
野菜のスープ
海老とじゃがいものガレット焼き
グラニテ

070425_185302 070425_185801 070425_190701 070425_191601 070425_194401 070425_195901 070425_195902 070425_202201
ぼくは辛いチリソースをつけて食べるいか団子が特においしかったです。Sさんはかなりお酒いけるそうで今度はみんながお酒を飲めるところにしましょうと話がまとまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

艦橋作成(3)

久々のUボート作成です。3月のライブを機会に完全に音楽モードに入ったためほどんど手付かずの状態でした(^^;
前回、艦橋の基本形状をプラ板で作ったところで止まっていましたが、波返しというのでしょうか?平らな帽子のつばのような部分と20ミリ機関砲が設置されている円形のプラットフォーム部分をプラ板とエポキシパテで作成しやっとUボートの艦橋らしいかたちになってきました。

Img_0018 Img_0020 Img_0021

中央で分割しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

オリジナル曲アイディア

また新曲アイディアを録音してみました。ライブで一番のって演奏できるのはミディアムテンポのストレートなロックかな?っと思い作りました。まだ歌詞は未完成です(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

テラっちの新兵器!

GIBSON レスポールです♪
トラ目も見えてかっこいい!個人的意見ですがFENDER系より高級感ありますね。太くて艶があり伸びの有る音が聞こえてきそうです。さっそくCD録音に使いましょう♪
フェンダーカスタムショップのストラトキャスターと使い分ける・・・贅沢?ギタリストの夢?羨まし~い(^^)

Img_89101 Img_89111

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

CD録音4

いよいよ今日から録音開始です。RYOのドラムセットをプラスして音調整まで午前中に終了。午後になって全員でせーので録音はじめました。やりはじめるとやはりシンバルの音のバランスが悪いということになり録音してはマイクのセッティングを変更するという作業に1時間以上かかりました。予想はしていましたがなかなか大変です。でもここが一番大事です。録音されるのはドラムとベースだけなので演奏後プレイバックしてみると結構ミスタッチ(ベース)がわかってしまいます(汗)でもなんとか3曲合格点のテイクを録音することができました。RYO急遽近所の不幸があり途中で帰ったのでその後テラっちのギター入れまで録音できました。カゼのところヤマちゃん最後までお疲れ!
録音曲(BACKING)
1、MOVIN' ON     (126)
2、MAKE IT BETTER (110)
3、COSMIC DRIVE   (114)

録音トラック
1、バスドラ
2、スネア(上)
3、オーバートップ(L)
4、オーバートップ(R)
5、ハイハット
6、スネア(下)
7、シンバル(RIDE)
8、ベース
9、テラっちギター(オーバードライブ)
10、テラっちギター(クリア)

Img_0016 Img_0015_1 Img_0017_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

当たりました!

M氏から以前にお土産で戦艦大和の46Cm主砲のボールペンをもらいました。TUG企画という会社で企画制作されたものですが、箱のバーコードを送ると抽選で砲塔セットが当たるということで送ったところ二人ともGET!迫力の1/120サイズです。
大砲の部分はのボールペンで、取り外して使えるペン立てになっています。Img_0009_1 Img_0013 Img_0005

M氏といっしょに並べてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

CD録音3

RYO仕事のため今日は3人でドラムの音決めをしました。ドラマーはテラっち!スキーの疲れも感じさせないパワフルドラムです。ドラムの音質、ミキシングを追及した結果、予定の4トラックを上回るマイク6本使用の7トラック録音になりました。(1本はステレオコンデンサーマイクなので2トラック使用)あと1トラックはBASSを同時録音します。気持ちよく演奏できるように各自のモニタリングに苦労しました。ヘッドフォンをしているときとしないときの音質、音量の差がなくなるように調整しました。
クリック音は生音の大きいドラマーにとっては大きくないと聞こえません。ドラムの音に似ていると音が演奏にかき消されてしまいガイドになりません。カン!カン!カン!という火の見やぐらで鐘をたたいているようなスゴイ音になりました。各個人のモニタリングのバランスを変えるのは大変になるのでドラマー以外はクリック音をはずしてもらいました。ギターは録音はしませんがアンプから音を出してモニターします。4時間以上かかりましたが前回よりいい感じで録音できそうです♪
ただ、RYOはもっとシンバルなど持ち込んでくるのでせっかく決めたマイクアレンジなど変更しなければいけないかもしれません。Cimg0014 Cimg0019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

CD録音2

16トラックレコーダーは最大8トラックまで同時に録音できます。
前回書いたように4つの楽器(ドラム、ギター2本、ベース)を同時に録音したいので8トラックの割り振りを決めます。
1、ドラム(Lオフマイク)
2、ドラム(Rオフマイク)
3、ドラム(ベードラ)
4、ドラム(スネア)
5、ギター(テラっち)
6、ギター(山ちゃん)
7、ベース
8、歌(テラっち仮歌)

上記のようにトライするつもりですが、最重要課題はドアムの音をいい音といい演奏で録音することです。
ギターもベースもライン入力で直接レコーダーにいれるので調整やあとから部分録音も可能ですが、ドラムはシンバルなどの持続音や個々の音(ハイハット、スネア、ベードラなど)が絶え間なく鳴っているので一発録りしか無理だからです。
また、ギター、ベース、歌などの音がドラム録音用のマイクを通して録音されてしまう音の「かぶり」も予想されます。前回録音ではドラムだけで録音(他の楽器は録音済みでヘッドフォンから聞こえるだけ)したのでこの点は問題なしでした。限られた4つのトラックだけでどれだけシンバルやスネア、その他の音量バランス、定位感を出せるかが問題です。今週日曜日にこの録音バランスの調整に半日かける予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

CD録音1

DaybeakのCD「Daybrek 1」は90%ぐらい各メンバー個別に録音していきました。
今回2枚目のCDではライブで演奏するように基本演奏は全員で「せーの」の一発録りでやろうと話しています。その次にギターソロ、歌入れなどをやり、最後は前回かなり苦労したミックスダウンです。
今回録音する曲は全曲ライブ演奏もやった曲なのでアレンジは完成しています。みんな演り慣れているはずなのでうまくいけば2日ぐらいでバッキング演奏は完成(甘い?)!
バッキング演奏一発録りの方法はRYOのみクリック音を聞いてドラムを叩き他のメンバーは普通にRYOのドラムを聞きながら演奏をする。これにより前回の各自リズムマシンを聞きながらの録音ではできなかったリアルタイムでのノリを合わせることができるはずです。(タメたいところやツッコミたいところなど)
この微妙なリズムの揺れがないと無機質なリズムマシンになってしまいます。
問題点としては今までクリック音に合わせてバンド練習していないのでいつものように演奏できるかどうかです。特に途中でテンポが変わる曲(lovin'you aloneなど)はクリック音を止めるかRYOが無視して叩き再度クリック音に合わせるか(難しそう!)その場でやってみないとわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »